離婚協議書・公正証書・財産分与手続・離婚後の手続がよくわかるサイトです。

離婚後の手続


8 離婚の際に称していた氏を称する届(戸籍法77条の2の届出)

 民法767条の規定により、婚姻によって氏を改めた夫又は妻は、当然に復氏することになります。
 しかし、3か月以内に届け出ることによって、離婚の際に称していた氏を称することができます。これは、自分の意思のみによってでき、相手の同意は必要ありません。

 届け出義務者は、@同居の親族Aその他の同居者B家主、地主又は家屋若しくは土地の管理人の順序になっていますが、同居の親族以外の親族も、することができます。(戸籍法76条)

 届出は、氏の変更を希望する者の本籍地又は所在地(本籍地でない場合は、戸籍謄本(全部事項証明書)が必要になります。)の市町村役場において行います。